マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

体験者が語るリボ払いの恐怖「使ったのは100万円で金利は57万円…」

2018年9月9日 16:00

ポイントアップの甘い誘惑で専用カードを契約し…

 クレジットカードの一括・二括払いは金利手数料がゼロなのに対し、リボ払いは金利手数料がつく。それも高利で、実質年率13~15%が一般的だ。クレジット会社にとって利幅が大きい支払い方法なので、リボ払い以外選択できない、リボ払い専用カードをすすめるところも多い。

 40才派遣社員のTさんも、目先のキャンペーンに惑わされて契約してしまった結果、返済が終わらなくなったとため息をついた。

「よく行くショッピングセンターで、若いお兄さんにすすめられたんです。そのショッピングセンターと提携する新しいクレジットカードを契約すると、ポイントが貯まりやすいというので、飛びつきましたね」

 通常のカードが0.5%還元なのに対し、その3倍のポイントがつくのだという。

「ポイントはお金として使えるので、現金で買い物するよりお得。それで、生活費から旅行代まで決済しました。30万円くらい使った時も、翌月の支払いは定額の2万円なので負担が軽い。最初はいいカードを持ったと思っていたんですが違いました」

 Tさんもまた、前出のSさん同様、いくら使っても支払いは定額の気楽さにハマり、半年で100万円を使ってしまった。その段階でようやく明細をじっくり見たという。そして、リボ払いの金利の高さを初めて実感した。

「使ったのは100万円なのに、金利だけで約57万円もプラスされていて……。怖くなって夫に相談したら激怒され、離婚の話にまで発展してしまいました」

 リボ払いの金利を含む手数料はクレジットカード会社や借入金額などによって異なるうえ、計算が複雑で、利用者にわかりやすいとはいえない。

 例えばTさんのように100万円を実質年率15%、月2万円の返済にした場合、元本は約7500円になるケースも。つまり、毎月1万2500円を金利と手数料に払うことになる。この場合、全額を返済するまでに6年以上もかかってしまう。使ったお金が不透明になるのがリボ払いの特徴でもあるのだ。

※女性セブン2018年9月20日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。