マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ビル・ゲイツも絶賛 『ホモ・デウス』が描く「人類の未来予想図」とは

2018年11月2日 7:00 週刊ポスト

書店で大きく展開される『ホモ・デウス』(丸善丸の内本店)

 世界の名だたる有識者が絶賛し、ベストセラーとなっている1冊がある。『ホモ・デウス』──気鋭の歴史学者が解き明かすのは、人工知能(AI)とバイオテクノロジーが急速に発展した先にある「人類の未来予想図」だ。上・下巻合わせて500ページを超える大著だが、その“要点”は何なのか。

〈進歩の列車に乗る人は神のような創造と破壊の力を獲得する一方、後に取り残される人は絶滅の憂き目に遭いそうだ〉

 そんな不気味な“予言”を記した『ホモ・デウス』が、多くの書店で平積みされ、店内売り上げトップを独占している。

 著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏(42)が2011年に上梓した前著『サピエンス全史』(邦訳版は2016年刊)は世界数十か国で翻訳され、800万部を突破した。その続編となる『ホモ・デウス』も、9月までに400万部を売り上げている。

著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏(YONHAP NEWS/AFLO)

 著者のハラリ氏は1976年にイスラエルに生まれた。ヘブライ大学で地中海史と軍事史を学んだ後、英オックスフォード大学で博士号を取得。帰国後に書き上げた前著が欧米主要メディアで話題になり、一躍、その名を世界に轟かせた。

 新刊が描く世界観には、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏やノーベル文学賞作家のカズオ・イシグロ氏ら錚々たる知識人が賛辞を送っている。

 ただ、〈テクノロジーとサピエンスの未来〉という同書の副題からも、いかにも難解そうな印象を受ける。そこで、専門家の力を借りながらポイントを4つに絞って同書の大意を要約した。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。