マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

同じ処方薬でも場所によって価格は違う 安く手に入れる方法は?

2018年11月18日 15:00

 また、2016年の調剤報酬改定によって、これまでの処方履歴を記した「お薬手帳」を持っていくと、薬代が最大で40円安くなることも知っておきたい。医療ジャーナリストの油井香代子氏はいう。

「“少しでも安く薬を処方してもらおう”という考え方で、あちこち違う薬局に行こうとすると副作用や飲み合わせの指摘が漏れるリスクもあるので、『お薬手帳』は重要です。また、コストは考えながらも、“できるだけ毎回同じところで処方を受けよう”と考えることも必要です」

 ただし、ここで気をつけたいのが『かかりつけ薬剤師』制度の存在だ。薬局で所定の書類にサインして薬剤師を専任にすると毎回60~100円がかかる。

 また、今年4月の薬価基準改定で236品目の薬価格が一斉に値下げされたことにも注目しておきたい。

「特に糖尿病や逆流性食道炎など生活習慣病の薬が値下げされたので、そうした持病のある人は医師や薬剤師に“同じ効果の薬が値下げされた薬のなかに含まれていないか”と相談してみるのも良いでしょう」(油井氏)

 また薬局も病院と同様、時間外・深夜・休日は割高になるので「いつでも同じ値段」と思わない方がいい。

 少しずつの出費が長年積み重なることで、大きな違いとなってくる。

※週刊ポスト2018年11月23日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。