マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

日産経営陣は「独裁者ゴーン」とこう戦った クーデター全内幕

2018年11月26日 7:00 週刊ポスト

フランス企業にはならない

 日産側にとって、このタイミングの「Xデー」は大きな意味があった。ゴーン容疑者は日産だけなく、アライアンス(提携)を結ぶ仏ルノーと三菱自動車の経営トップの立場にもあった。ジャーナリストの伊藤博敏氏が言う。

「欧州メディアでは、ゴーン容疑者が『ルノーと日産の経営統合』を計画しており、その実現が“数か月後”に迫っていたと報じられている。ルノーはフランス政府が大株主であり、経営統合は“日産がフランスの企業になる”ことを意味する。そこに日産の経営陣は強く反発したとされる」

 もともとは、日産の経営危機をルノーの出資が救ったわけだが、「V字回復」以降の近年はむしろ“ルノーが日産株の配当で食いつなぐ”という関係に変わった。ゴーン容疑者主導での経営統合に、日産プロパーが反発するのは当然だ。

 そうした情報を元最高幹部である小枝氏にぶつけると、「ルノーと日産の関係は、お互いにメリットがあるから続いてきたもの」としながらも、「これ以上(提携を深める)というのは違う論議。今がちょうどいいバランス」と、“日産はあくまで日本企業”というニュアンスを言外に含めた。

 多くの雇用を創出する大手自動車メーカーは、国の経済を下支えする存在だ。「ルノーの影響力が強まれば、生産拠点をフランスに移すなどの施策が採られる可能性もある」(前出・伊藤氏)のだから、一企業の問題にはとどまらなくなる。

 そうしたなかで、日産経営陣の情報提供をもとに動いたのが東京地検特捜部だ。

「捜査の指揮を執ったのは森本宏・特捜部長。特捜部副部長から法務省刑事局総務課長という“エリートの登竜門”を経験した検察庁のエースです。2010年の大阪地検での証拠改ざん事件以来、検察は冬の時代を迎えていた。ゴーン氏という超大物の逮捕に、刑事司法改革の目玉である司法取引を用いるのだから、『国家秩序を維持する検察』をアピールする絶好の機会となった」(前出・伊藤氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。