マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

リスク制御しながら年20%リターンが期待できる投資対象は?

2014年4月20日 10:10 マネーポストWEB

“お金のお医者さん”として知られる「家計の見直し相談センター」の藤川太氏がお金に関する固定観念を解きほぐす『マネーポスト』の連載「お金持ちの方程式」。今回はより高いリターンを狙うための運用方法について、藤川氏が解説する。

* * *
「年収500万円でも億万長者を目指せる」をテーマに続けてきた本連載もいよいよ佳境に入ってきました。前回は「殖やすお金」の基本的な運用術として、投資対象を広げる「国際分散投資」と時間を分散する「ドルコスト平均法」を組み合わせることで安定的に年率5%のリターンを狙う手法を紹介しました。

しかし、それはあくまで基本にすぎません。投資対象を分散すればするほど、その利回りは平均に近づいてしまいます。年収500万円で資産1億円を目指すためには、貯蓄率10%で毎年10%のリターンを長期間コンスタントに叩き出すことが必要となり、それだけではどうしても足りません。

より高いリターンを狙うのであれば、それ相応のリスクをとって、分散ではなく、「集中投資」する必要があるのです。そう聞くと、いかにも危なっかしい投資先を探してこなくてはならない気がするかもしれませんが、そうではありません。実は平均以上のリターンが期待できて、リスクのコントロールも両立できる方法があります。

それが「相場のひずみ」を見つけ出して集中的に投資するというやり方にほかなりません。本来ならあり得ないほどの安値で仕込むことができれば、年率20%以上の運用は十分可能です。それさえできれば、たとえある年の運用利回りが5%にすぎなくても、平均して年率10%以上の運用率が達成できる計算が成り立つわけです。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。