マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

キャッシュレス決済「5%還元」、対象外の店舗も実施する流れか

2018年12月10日 11:00 女性セブン

 すでにカードや電子マネー決済を導入している身近なお店が「コンビニ」だ。大手コンビニのほとんどは、個人事業主が独自に経営するフランチャイズ店なので、中小の小売店に該当する。そのため、ほとんどのコンビニでは2019年10月から9か月間、毎回実質5%引きで買い物ができることになる。

 ただ、多くの人にとってネックなのは、「現金払いはNG」ということだろう。たしかに現金がいちばんラクだし、慣れているし、安心だ。カード払いやポイントは煩わしいイメージも強い。ポイント事情に詳しい菊地崇仁さん(コンサルティング会社「ポイ探」代表)が話す。

「現在の日本のキャッシュレス決済比率は18%で、中国の60%、アメリカの45%などと比べると遅れています。政府は、2025年には比率を40%にまで上げることを目標にしていますが、なかなか普及が進まないのが現状です。そこで、国を挙げた政策として持ち上がったのが今回の『5%還元』制度。増税による消費低迷を回避するという目的もありますが、現金以外の支払いにお得感を与えて、一気にキャッシュレス化を加速させる狙いです」

 現金は払っておしまいだが、クレジットカードなら支払う度にどんどんポイントが貯まり、そのポイントで買い物や食事もできる。

「これまで現金支払いにこだわっていた人も、買い物すればするほどお得になる制度に乗らない手はありません」(菊地さん)

※女性セブン2018年12月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。