マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

サビ、ハモる、アコギ、MC… ライブでよく使う音楽用語の語源は?

2018年12月22日 17:00

【ハモる】
 これもご存じの方は多そうですが、「ハモる」の「ハモ」は、ハーモニー(調和)のこと。これが動詞化し、複数の音を声で奏でることをハモると言うようになりました。ポイントは、「複数で歌うこと」ではなく、「複数で複数の音を歌うこと」だということ。どれだけ大勢の人間が一斉に歌っても、全員が同じメロディーを歌うのは「ハモる」とは言いません。

例文:「アンコールで3人がキレイにハモるところで鳥肌立ったわ」

【インスト】
 ライブで一番目立つのはボーカルですが、それもバックの演奏陣あってのこと。「ボーカルを休ませるため」というのは半ば冗談、半ば事実ですが、2時間近くのライブの中では、「ボーカル抜きの曲」をやるバンドも少なくありません。こういった曲を、「インストゥルメンタル(=楽器の)」を略し、「インスト(曲)」と呼びます。これが一人ひとりになると、インストではなく「ギターソロ」「ドラムソロ」と呼ばれます。ただ、「インストアイベント」のことを「インスト」と呼ぶ人もいるので、お間違えの無いように。

例文:「中盤のインストの曲で一瞬、寝そうになっちゃってさ……」

【アコギ】
 ロックバンドでは欠かすことの出来ない楽器がエレキギターですが、曲によってはアコースティックギターが使われることもあり、長いので「アコギ」と呼ばれます。細かく言えば、アコギに見えるものの、電気を使う「エレクトリック・アコースティックギター(=エレアコ)」なるものもありますが、「エレキでないギター」が出てきたらほとんど「アコギ」だと思ってOKかもしれません。バラード曲と親和性が高く、ポイントとなるパターンは多いです。

例文:「アコギが出てきた時点でめっちゃ興奮したよ~」

【SE】
 一般的に「SE」と言えばシステムエンジニアのことですが、ライブで「SE」と言えば「Sound Effect=効果音」のこと。メンバーの登場前やアンコールでの登場時、特定の曲の前などで流される効果音などのことをこう呼びます。

例文:「オープニングでSEが流れた瞬間、超テンション上がったよ」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。