マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後一番得する働き方は? 在職老齢年金の壁に注意

2018年12月30日 16:00

在職老齢年金「働き損」の落とし穴

在職老齢年金「働き損」の落とし穴

 年金大改悪を前にして老後の「お金」の悩みを抱えている人は多い。「年金博士」こと社会保険労務士の北村庄吾氏が講師を務める老後資産セミナーでは、切実な質問が飛び交うという。そうしたなかでも多いのが、定年後、どんな働き方をすればよいか、というものだ。

 再雇用などで働き続ける場合に注意したいのが「在職老齢年金」だ。60歳以上の年金受給者が働くと、収入に応じて年金がカットされる制度で、現在は65歳未満の場合、「給料+年金」の合計額が月28万円を超えると、超過分の半額を年金支給額から減額される。

 週3日勤務で月収20万円のA氏、週5日のフルタイム勤務で月収30万円のB氏が、ともに62歳になり、月8万円の部分年金支給が始まった例を考えよう。

「給料+年金」が28万円のA氏は年金を減額されない一方、合計38万円のB氏は年金が5万円カットされる。さらに給料から天引きされる税金や保険料まで加味すると、A氏の手取り収入が約24万円なのに、B氏は約27万円と、わずか3万円の差しかなくなる。これではB氏は働き損だ。

 ただし65歳になると「給料+年金」が46万円を超えるまで年金が減額されない。身体が元気でフルタイムで働くなら「65歳から」という選択肢もある。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

500ポイント以下の少額で株を買える「Tポイント投資」を徹底解説
月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。