マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニのカレーパンを実食比較 しっかり温めればより美味しく

2019年1月6日 15:00

ローソンはウインナーがまるごと一本!

ローソンの「ビーフカレーパン」
ローソンの「ビーフカレーパン」

 ローソンでは「ビーフカレーパン」(125円、341kcal)を販売。具材の旨味が感じられる濃厚なカレーがたっぷり。カレーはなめらかだが、パン生地の方はもちもちっとしているのも特徴的だ。

ローソンの「あらびきウインナー&カレー」
ローソンの「あらびきウインナー&カレー」

 さらに「あらびきウインナー&カレー」(140円、417kcal)も販売されている。こちらは横長の大きめなカレーパンにあらびきウインナーが一本まるごと入っているという豪快な商品。カレーよりもウインナーの存在感が強いので、「ウインナーを食べたい!」という時にこそおすすめしたい一品といえるだろう。

 また、ローソンでは半熟卵が入った「とろ~り半熟卵入りカレーパン」(195円、361kcal)や、ラーメン店の「お茶の水、大勝軒」が監修した「お茶の水、大勝軒監修カレーパン」(150円、347kcal)といった、商品も販売されている。

 シンプルな商品であるが、コンビニ各社で微妙な違いがあるカレーパン。基本的に、オーソドックスなカレーパンについては、そのまま食べても十分においしいが、チーズやウインナーが入っているカレーパンについては、電子レンジで温めると、より一層おいしくなる傾向にあるようだ。

 また、どの商品についても辛さはかなり控えめで、とても食べやすくなっている。刺激をというよりも、安定感のあるおいしさを提供してくれるのが、コンビニのカレーパンなのだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。