トレンド

海外記者も絶賛した日本のコンビニの「アイスモナカ」、定番商品を食べ比べ

左側、上からファミリーマート『でっかいバニラモナカ』、セブン-イレブン『7プレミアムゴールド 金のアイスあずき最中』、セブン-イレブン『7プレミアム 塩キャラメルモナカ』。右側上から森永製菓『バニラモナカジャンボ』、森永製菓『チョコモナカジャンボ』

左側、上からファミリーマート『でっかいバニラモナカ』、セブン-イレブン『7プレミアムゴールド 金のアイスあずき最中』、セブン-イレブン『7プレミアム 塩キャラメルモナカ』。右側上から森永製菓『バニラモナカジャンボ』、森永製菓『チョコモナカジャンボ』

 さまざまな種類があるコンビニのアイス。そのなかでも定番と言えるのが「アイスモナカ」だ。東京五輪を取材するために来日した海外の記者が、森永製菓の『チョコモナカジャンボ』を買って、SNSで「コンビニ最高のアイスを見つけた!」と絶賛したことも話題になった。そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、コンビニで販売されているアイスモナカをリサーチ。その値段や大きさ、特徴などを比較する。

(※都内のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートにて、8月22日時点で販売されている商品をピックアップしました)

大定番の森永製菓『チョコモナカジャンボ』と『バニラモナカジャンボ』

森永製菓『チョコモナカジャンボ』

森永製菓『チョコモナカジャンボ』

 まずは、ほとんどのコンビニで購入できる森永製菓の『チョコモナカジャンボ』。価格は151円。アイスの中にパリパリとした食感の薄い板チョコが入っているのが大きな特徴だ。アイスはチョコでコーティングされており、皮の食感もパリパリしている。

森永製菓『チョコモナカジャンボ』。パリパリとした食感が特徴

森永製菓『チョコモナカジャンボ』。パリパリとした食感が特徴

森永製菓『チョコモナカジャンボ』。中に薄い板チョコが入っている

森永製菓『チョコモナカジャンボ』。中に薄い板チョコが入っている

「袋から出すと細かいかけらが落ち出てくるくらい皮がパリパリしていて、さらにチョコもパリパリ。それらのパリパリ感とアイスの滑らかさのギャップが絶妙です」(記者A・以下同)

森永製菓『チョコモナカジャンボ』
価格:151円
重さ(実測値):106g
大きさ(縦×横×厚さ、実測値): 6.7cm×14cm×2.8cm

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。