マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

森永製菓社長「チョコモナカジャンボ」パリパリ食感の秘密教えます

2021年4月2日 15:00

「チョコモナカジャンボ」は鮮度管理を徹底しているという
「チョコモナカジャンボ」は鮮度管理を徹底しているという

 国内売り上げナンバーワンのアイス「チョコモナカジャンボ」をはじめ、「ミルクキャラメル」「チョコボール」「ハイチュウ」……。ロングセラーを生み出す秘訣を森永製菓・太田栄二郎社長(61)に訊いた。

──このシリーズではまず平成元年(1989年)当時について伺っています。

太田:私が森永製菓に入社したのは1982年。最初の4年間は横浜支店に勤務し、平成元年はその後異動した姫路支店で迎えました。

 姫路は私の郷里でしたが、転勤の内示を受けたときは納得できない気持ちでした。横浜では担当した得意先の売上を大きく伸ばして、当時の首都圏のトップから直接お褒めの手紙をもらったりして、それなりの営業成績を挙げていた自負がありましたし、次は、広域、本社ともっと大きなところで勝負したいと意欲にあふれていました。

 しかし姫路での4年間の幅広い業務経験はその後の会社生活に大きな影響を与えました。横浜支店は当時総勢50人くらいの大所帯でしたが、姫路支店は8人くらいしかいないので、1人で何役も担当しなければなりません。

──姫路ではどんな仕事を?

太田:横浜時代は飲料・ココアやホットケーキミックス等の食品専任でしたが、姫路ではすべての部門を担当。得意先もスーパーからパチンコ店まで色々で、集金や配送の苦労もしました。

 この幅広い経験が後に活きました。翌1990年には東京の本社の営業部へ異動になり、1998年には北海道の支店長に着任しましたが、地方での経験があったからこそ広い視野で物事をみることができました。

 社長になった今も、人事については「いかに様々なキャリアを積んでもらい、バランスの取れた人材を育てていくか」が大事だと考えています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。