マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

セブン-イレブンの「シャインマスカット大福」 専門店と食べ比べてみた

2021年11月7日 15:00 マネーポストWEB

セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』(左)と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒(右)
セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』(左)と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒(右)

“映える”スイーツが話題となる昨今。その“断面”が鮮やかでかわいらしいと人気なのが、フルーツをまるごと1個、餅で包んだフルーツ大福だ。

 季節のフルーツを贅沢に使うフルーツ大福は主に専門店で販売されており、1個400~500円程度のものから1000円近くするものまで、決して安いものではない。そんななか、セブン-イレブンが10月26日に『まるっと果実 シャインマスカット大福』という、シャインマスカットを使ったフルーツ大福を発売した。その価格は208円で、専門店のフルーツ大福よりもかなり安いものとなっている。

 そこで、マネーポストWEBのコンビニグルメ担当記者Aが、セブン-イレブンの『まるっと果実 シャインマスカット大福』を実食。専門店のシャインマスカット大福と比較して、その味わいや楽しみ方などを検証した。

価格は専門店の半分以下

セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』(左)と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒(右)
セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』(左)と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒(右)

 比較対象としたのは『覚王山フルーツ大福 弁才天』のシャインマスカット大福だ。弁財天は、愛知県名古屋市を発祥とし、現在は全国で60店舗以上を展開しているフルーツ大福専門店。今回は、弁財天の都内某店でシャインマスカット大福の“大粒”を購入し、価格やサイズ、味などを比較してみる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。