マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

SNS映えで人気の「フルーツ大福」、1個400円超を存分に楽しむワザ

2020年12月23日 15:00

人気のフルーツ大福、手前右から「温州みかん」、「とちおとめ(小)」、「キウイ」、奥が「紅まどんな」
人気のフルーツ大福、手前右から「温州みかん」、「とちおとめ(小)」、「キウイ」、奥が「紅まどんな」

 SNSが広く普及したことで、スイーツの世界も“映える”ものが人気になる傾向にある。そしていま、注目を集めているスイーツが「フルーツ大福」だ。

 フルーツを1個まるごと、あるいは大きめのカットフルーツを餅と餡で包んだ「フルーツ大福」。大阪の和菓子店「一心堂」や、岐阜や名古屋に店舗を持つ和菓子店「養老軒」などで、以前から販売されていたものだ。つまり、最近誕生したものではないが、半分に切ると餅と餡に包まれた果実の断面がインスタ映えするということで、人気が急上昇しているのだ。

 名古屋に本店を構えるフルーツ大福の専門店「覚王山フルーツ大福 弁才天」が、今年8月に東京銀座に出店したことで、さらに注目されるようになった。同店は、11月には三軒茶屋にも出店し、12月以降も自由が丘や六本木などに出店予定で、今後も人気が高まりそうだ。

 包んでいるフルーツの種類や大きさによって異なるが、フルーツ大福の価格は、1個400円程度から800円程度のものが多い。実際に、今回マネーポストの記者が「覚王山フルーツ大福 弁才天」三軒茶屋店で購入したものであれば、「キウイ」が550円、「温州みかん」が750円、「紅まどんな」が680円、「とちおとめ(小)」が480円だった。

 フルーツを使ったケーキであればこれくらいの価格も珍しくないが、大福となると少々高く感じる人も多いかもしれない。普段から差し入れなどにフルーツ大福を購入しているという、飲食業界に詳しいフリーライター・小浦大生氏はこう話す。

「みかんやキウイなどが1個まるごと入っているものは、それなりに大きいのですが、いちごやマスカットなどのフルーツ大福は1粒大なのでそんなに大きくはありません。でも、高級ないちごはそれこそ1粒何百円とするし、チョコレートなんかでも1粒500円くらいするものもある。1個400円以上というのは高級ではあるけど、なくはない価格でしょう。ただ、差し入れでいろいろな種類を10個くらい選んで買うと、7000~8000円くらいになってしまうので、そうなると、ボリュームの割に値段にびっくりしてしまう人もいるかもしれません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。