トレンド

セブン-イレブンの「シャインマスカット大福」 専門店と食べ比べてみた

「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒

「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒

「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒の断面。本体のほとんどがシャインマスカット

「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒の断面。本体のほとんどがシャインマスカット

 一方、弁財天のシャインマスカット大福は、本体のほとんどがシャインマスカットで、餅と白あんは薄く包んでいる程度だ。シャインマスカットの大きさも、本体の大きさとほぼ同じで長径5cm・短径3cmくらいだった。

「セブン-イレブンの『まるっと果実 シャインマスカット大福』は、シャインマスカットは小さめ。餅と白あんがたっぷり入っていて、大福の中にシャインマスカットが入っているという印象です。弁財天のシャインマスカット大福は、シャインマスカットがメインで、ほんの少しの餅と白あんで包んでいるという印象。似ているようで、まったく異なるコンセプトのように思えます」

 シャインマスカットの印象はどうだったのだろうか。

「弁財天では、毎日市場でその日販売する大福に使うフルーツを仕入れているというだけあって、シャインマスカットもとてもジューシーです。多少値が張るのも当然かと思います。

 セブン-イレブンのほうは、弁財天に比べるとやはり庶民的。餅と白あんを堪能したいなら、こちらです。餅と白あんとシャインマスカットの絶妙な組み合わせをしっかりと味わうことができると思います」

 どうやらセブン-イレブンと専門店では、シャインマスカット大福の方向性がかなり違うようだ。

左から、セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』の断面と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒の断面

左から、セブン-イレブン『まるっと果実 シャインマスカット大福』の断面と、「覚王山フルーツ大福 弁才天」のシャインマスカット大福・大粒の断面

「別物という感じなので、“セブンのシャインマスカット大福は安いからお得”ということでもないと思います。大福を食べたいならセブン-イレブン、フレッシュなフルーツと“映え”を求めるなら専門店、といった感じで選ぶといいのではないでしょうか」

 セブン-イレブンのシャインマスカット大福は、専門店とは異なるコンセプトにすることで、安く提供できていると言えそう。コンビニエンスストアの商品開発努力を垣間見ることができる一品なのかもしれない。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。