マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

流行のシェアハウス 同居人が孤独死するとどうなる?

2019年1月4日 17:00 マネーポストWEB

シェアハウスの同居人がまさかの事態に…(写真:アフロ)
シェアハウスの同居人がまさかの事態に…(写真:アフロ)

 都心部に住む人間の財布を何よりも圧迫するのが家賃。これを節約するのに有効な手段の1つがシェアハウスだが、同居人に“万が一のこと”が起こってしまったらどうなるのか? 都内在住の30代の女性・Tさんは、シェアハウスをしていた同居人が自宅で亡くなるという悲劇に見舞われた。

 Tさんが友人のKさんとシェアハウスをし始めたのは、5年前のこと。昔から知り合いだった2人は、ある時、家賃が高いという話になり、「じゃあ2人で住まない?」と意気投合。当時、2人とも一人暮らしをしていたが、Tさんは23区内に破格の物件を見つけており、同居人を探していたのだ。Kさんはこの話に飛びつき、2人暮らしが始まった。

 生活は順調そのものだった。すでにお互いの性格は知っているため、ケンカやトラブルの類は一切無し。ただ、Tさんは普通の会社員なのに対し、Kさんは自由業で、生活時間帯がまったく違うため、1か月近く顔を合わせないことも珍しくなかった

 異変が生じたのは今年の夏のことだ。Tさんのもとに大家から連絡があり、Kさんについて聞かれた。結論から言えば、Kさんは自室で亡くなっていた。Tさんが語る。

「確かにKさんが家にいる気配は数日前から無かったのですが、ふらっと旅行に行ったりすることがある人なので、まったく気にしていませんでした。Kさんに何回連絡しても繋がらないことに業を煮やしたKさんの仕事仲間が警察に連絡し、消防隊がKさんの部屋に突入したところ、ベッドで亡くなっていたそうです。Kさんの部屋はバッチリ防音されていて、廊下に繋がるドアが密閉タイプのもの。結果的に発見が大きく遅れてしまいました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。