マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

故人の口座からお金を引き出すための「手続き地獄」

2019年1月27日 11:00 女性セブン

 それらの書類を揃えるのはかなり大変だ。

「何よりも大変だったのは、母が生まれた時にさかのぼり、亡くなるまでの戸籍謄本を揃えることでした。わざわざ母が生まれた大阪の役所に問い合わせ、取り寄せなければなりませんでした」(井戸さん)

 口座凍結時の不便さはこれまでも指摘され、2019年1月の民法改正で、100万円程度なら銀行側の判断で引き出せるようになった。だが、それ以上の金額になると引き出すのは難しい。

「役所に死亡届を出すと、自動的に金融機関に通知されるわけではなく、あくまで自主的に金融機関に届け出ない限り、口座が凍結されることはありません。人が亡くなる前後は、医療費の精算や葬儀代、お墓や仏壇の購入費などたくさんのお金がかかるので、銀行に届け出る前に、ある程度まとまったお金を引き出しておいた方が無難でしょう。

 この時、他の相続人にも目的などを明確にしておくことが大切です。いつ、いくら引き出したのかがわかる銀行の明細書や、使った分の領収書をしっかりとっておけば、遺産分割協議の際、財産を使い込んだなどのあらぬ疑いをかけられるのを防げます」(曽根さん)

※女性セブン2019年1月31日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。