マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年金を失わず65歳からも高収入を維持する“第三の働き方”

2019年2月7日 7:00 週刊ポスト

「支給停止」がなくなる厚生年金に加入しない働き方
「支給停止」がなくなる厚生年金に加入しない働き方

 65歳になるまでフルタイムで稼ぎながら、失われる年金をしっかり取り戻し、65歳からも高収入を維持する“第三の方法”を、社会保険労務士の拝野洋子氏が指南する。

「在職老齢年金の減額は、厚生年金に加入していない人には適用されません。会社と相談して雇用契約ではなく『業務委託契約』を結べば、フリーランスとして働ける。特殊な資格などを持っていれば自営業になりやすいですが、そうでなくとも、フリーランスになれば厚生年金から外れて、いくら稼いでも年金が減額されずに済むのです。

“業務委託契約にしてほしい”と会社に言い出すのは憚られると思う人もいるかも知れませんが、会社にとっても、各種社会保険料の事業者負担分を支払う必要がなくなるというメリットがある。認められるケースは、これから増えていくのではないか」

 業務委託は雇用契約とは違い、同時に複数の会社と契約を結んでも問題ない。手に職があるなら、どんどん仕事を増やしてもいい。どれだけ収入が多くなっても年金がカットされることはないのだ。

 他にも、表にまとめたような条件にあるときには、厚生年金に加入せず、年金が減額されないで済むケースも存在する。

 Aさんが月36万円の報酬で業務委託契約を結んだ場合、年金カットがないから65歳になるまでは「月給+厚生年金」で44万円。65歳からは「月給+厚生年金+基礎年金」で50万5000万円の収入を得ることができる。

 年金を余分に奪われないためには、本当の意味での「働き方改革」が必要なのだろう

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。