マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

米中株価回復の背景に政策転換 貿易戦争の見通し改善も

2019年2月6日 11:00

中国でも五月雨式の景気対策、株価対策

 一方、中国の株式市場についても共産党、国務院幹部など、当局が支える形となっている。

 上海総合指数は1月4日場中で2014年11月21日以来となる安値2441ポイントを付けたもののそこから切り返し、春節休場前の最後の取引日となった2月1日の終値は2618ポイントで引けている。この間の上昇率は7%に達している。

 大型株のベンチマークである上海50指数の同じ期間での上昇率は11%である。安値から10%の戻りが底打ちの一つの目安と考えれば、大型株に限れば上昇トレンド入りした可能性も十分考えられる。

 1月4日には李克強首相が景気対策を行う方針を示すと、引け後に中国人民銀行は預金準備率の引き下げを発表した。国家発展改革委員会の寧吉喆副主任は8日、メディアの取材に応じ、今年は家電、自動車などの消費促進策を打ち出すと発言。これは、18日の関連部署による電話会議、28日の「さらに一歩進んで供給を改善し消費の安定成長を促し、強大な国内市場の形成を促進するための実施方案(2019)」の発表に繋がった。

 そのほか1月23日には「上海証券取引所に科創板を設立し、登録制テストを実施する」ための全体的な実施方案、実施における意見の承認、30日の6件の細則規則意見徴収稿の発表などがあった。31日には信用取引に対する規制緩和策が発表されている。

 景気減速がはっきりとしてきた中での五月雨式の景気対策、株価対策が実施されている。

 アメリカも、中国も、マクロの景気、ミクロの企業業績ともに下向きであり、見通しも不透明である。そうした中での政策変更であり、新たな政策発動である。やはり株価予想は政策を抜きには語れないと言えるだろう。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。