マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金生活者の医療保険は解約OK 万一のための対策は他にもアリ

2019年4月5日 7:00

「大病を患った時の入院費、手術代の心配をする方がいますが、定年後も国民健康保険などの公的医療保険があり、高額療養費制度を用いればたとえ100万円かかったとしても自己負担額は10万円以下となることがほとんどです。年金受給者なら、国民健康保険料ですでに年十数万円負担している人も多い。これだけ払っているのに、さらに保険に入る意味がどれだけあるでしょうか」(丸山氏)

 一方で、返戻金のある「養老保険」は、解約せずに満期まで続けるべきだという。

「最近はほとんどなくなりましたが、以前は満期30年程度の養老保険と年金保険が数多く売られていました。医療保険というより貯蓄に近いタイプの保険です。特に、バブル期や2000年前後に加入した保険は利率の高い“お宝保険”の可能性があります。満期まで続けて、満期返戻金をもらいましょう。保険会社はその返戻金を元手に新たな保険の加入を勧めてくるかもしれませんが、そのまま貯金したほうが賢い選択だと思います」(丸山氏)

※週刊ポスト2019年4月12日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。