マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受給は65歳か70歳か? 損得を分ける「妻との年齢差」

2019年5月24日 16:00

妻が年下なら65歳からもらうと得する
妻が年下なら65歳からもらうと得する

 本誌・週刊ポストはこれまで、「年金は早くもらったほうがいい」と繰り上げ受給のメリットを取り上げてきたが、定年延長の流れもあり65歳以降に受け取る人が増えているのが実態だ。では、65歳からもらう場合と70歳まで繰り下げた場合の損得の境界線はどこにあるのだろう。

 意外なポイントは「妻との年齢差」だという。ファイナンシャルプランナーの北山茂治氏は「妻が年下なら繰り下げ受給は損」と指摘する。

「厚生年金の被保険者期間が20年以上あって年下の妻がいる場合、夫が65歳になると年間39万100円の『加給年金』が夫の老齢厚生年金に上乗せされます。加給年金は妻が65歳になるまで加算されるので、年下妻との年齢差が大きいほどもらえる期間が長くなる。

 しかし、夫が繰り下げ受給するとその期間中は加給年金が支給されないため、70歳繰り下げを選択したら5歳年下の妻なら200万円弱もの損になります」

 繰り下げで受給額を増やすはずが、とんだ落とし穴になりかねないのだ。

 年下妻がいても繰り下げによる年金増額のメリットを享受したい場合、「夫の基礎年金だけ繰り下げる」という手がある。

「たとえば夫の基礎年金だけを70歳から繰り下げ受給すれば、65歳から老齢厚生年金と加給年金を満額受給したうえで、70歳からもらえる基礎年金の額が年30万円以上アップします」(同前)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。