マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

森永卓郎氏 経済危機の最中に消費増税断行で日経平均1万円割れも

2019年7月16日 20:00

今の世界の経済状況はリーマン・ショック前夜と酷似しているという(2008年9月の株価ボード。AFP=時事)

 安倍晋三総理は10月に消費税率8%から10%への増税を予定しているが、それに伴う日本の景気へのダメージは少なくなさそうだ。というのも、経済アナリストの森永卓郎氏によると、「世界経済はすでにリーマン・ショック並みの危機に陥っている」というからだ。今の本当の景気状況と増税後の日本株の見通しについて、森永氏は次のように解説する。

 * * *
 IMF(国際通貨基金)は、2019年の世界の実質経済成長率が3.0%まで下がる可能性があると発表している。リーマン・ショック後の2009年から5年間の平均成長率が3.3%だったことから考えれば、すでにリーマン・ショック並みの経済危機が到来しているといっていい。

 世界的な景気後退を背景に、機を見るに敏な投機マネーの債券や株式からの資金移動により、すでに商品バブルが始まっている。実際、原油や金などの商品価格が軒並み値上がりしている。その象徴がビットコインだろう。一時1ビットコイン=30万円まで下落していたのが、120万円まで急騰する事態が見られた。資産の裏付けのない仮想通貨にこれだけの高値が付くというのは、投機マネーが動いている何よりの証拠だといえる。

 ただし、こうした投機によって生まれたバブルは長続きしない。2008年にも同じ現象が起こったが、その後の展開を見れば明らかだ。たとえば、2008年7月11日にニューヨークのマーカンタイル市場で、原油価格が1バレル=147ドルまで上昇した。だが、そこでピークアウトして一気に下落し、わずか2か月後の2008年9月にリーマン・ショックが起こったのだった。

 まさに現在は、リーマン・ショック前夜と瓜二つの状況だ。市場では、すでにヨーロッパは景気後退に入ったという見方が支配的になっている。さらには、ヨーロッパ発による金融危機が発生するとの見方さえ出始めている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。