マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

規制強化後の「ふるさと納税」最前線 「お得」の見極めポイントは?

2019年7月20日 7:00

10月以降の動向が気になる43市町村リスト
10月以降の動向が気になる43市町村リスト

 実質2000円の負担で、好きな自治体に寄付ができ、そのお礼として米や肉、果物などの特産品がもらえると人気の「ふるさと納税」。しかし、総務省の規制強化によって6月1日からさまざまな“見直し”が実施された。何がどう変わったのか、そして、新制度下ではどんな返礼品がお得なのか──ふるさと納税の達人たちに聞いた。

「6月1日からの新たなふるさと納税は、お得な返礼品を制限し、制度の魅力を激減させるようなものです」

 そう語るのは、ふるさと納税で毎年多額の寄付をし、食事やレジャーなどの大半を返礼品でまかなう実業家の金森重樹さんだ。現在のふるさと納税のポイントは次の通り。

【1】返礼品は地場産品に限り、寄付金額の3割程度の価格に抑えること
【2】「返礼品の価格」や「返礼品の価格の割合」の表示を行わないこと
【3】商品券・電子マネーといった金銭に代わるものや資産性の高い電気機器・貴金属・宝飾品などは返礼品にしないこと

 これらに違反した市町村に寄付をしても、制度に基づく税優遇は受けられなくなるという。

 実際に総務省は、今年3月までに、【1】を破って50億円以上の寄付金を集めた、大阪府泉佐野市・静岡県小山町・和歌山県高野町・佐賀県みやき町の4市町を、ふるさと納税に指定しない“退場処分”に。さらに2018年度3月の特別交付税の配分も減額することにした。

 また、これら4市町ほどではないものの、同様の不適切な方法によって2億円以上の寄付金を集めた43市町村も、今年10月以降、指定が外されるかどうか決められることに。

「10月以降にふるさと納税を利用する場合は、これら43市町村の動向にも注意しましょう」(金森さん・以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。