マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「新卒第一主義」は変わらない? 中途入社組と出戻り社員たちの本音

2019年7月28日 16:00

大企業の「新卒第一主義」がなくならない理由とは

大企業の「新卒第一主義」がなくならない理由とは

 今や転職も当たり前の世の中になったとはいえ、まだまだ新卒プロパー主義が根強い日本企業。中途採用に力を入れ始める企業も多くなっているが、大手企業を中心に、依然として新卒採用がメインである企業は少なくない。

 エン・ジャパンの「中途入社者の定着」実態調査によると、「中途入社者の定着率が低い」と感じている企業は4割に上っている。一方で、新卒入社した社員でも、3年で3割が辞めているという実態もある。それだけに、近年増えているのが “出戻り社員”だ。

 実際、上述の2018年の調査でも、一度退職した社員を“出戻り”で再雇用した企業は全体の72%に上る。2016年の調査から5ポイント増加している。結局、新卒で一度採用した元社員が、再び戦力として見込まれている実態がわかる。中途入社組や出戻り社員たちから、転職にまつわる苦労や本音を聞いた。

 30代男性会社員・Aさんは、大手IT企業から大手広告代理店に転職するも、出戻りした社員だ。Aさんが語る。

「新卒で入った企業で、立ち上げから関わったサービスで大きな成果を出すことができました。そして入社3年後、学生時代から憧れていた代理店に第2新卒枠で受かり、2年ほど働きましたが、肌が合わずに退職してしまいました」(Aさん)

 出戻りをした理由として、最も大きかったのは「カルチャーの違い」と「中途入社組のプレッシャーの大きさ」だったと話す。

「事業会社と代理店の違いというのもありましたが、一番は転職先のカルチャーが体育会すぎたのと、コネ入社の社員ばかりが贔屓される社風に嫌気がさしたことです。鬱っぽくなっていたところ、当時の役員から『戻ってその経験を生かさないか』と打診され、キャリア採用という形で戻ることができました。

 新卒で入った会社は、同じ目標や、価値観を持った人が多くて仕事がしやすかった。その点、大手企業の中途入社は、自分にいくらスキルがあったとしても、生え抜き社員の方が社内人脈などで圧倒的にアドバンテージがあるので、それ以上の成果を常に出し続けなければならないプレッシャーがすごい。新卒至上主義は“悪”だと思っていましたが、大手企業では円滑に仕事を進めるには、ある意味で合理的なシステムだと感じました」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。