マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

「世界の売上高トップ500」で米国超えを果たした中国企業の実力

2019年7月31日 7:00

世界売上高2位に入った中国石油化工のターミナル(Getty Images)

 中国政府の発表する経済統計に関して、その数値に疑問を呈するエコノミストは少なくない。地方政府の発表する名目GDPの合計が国家全体のGDPを大きく上回っている、電力消費量、鉄道貨物輸送量、銀行貸出純増額などの伸びと比べて、名目成長率の動きが強すぎる、実質成長率のばらつきが小さすぎる……など、様々な面から指摘を受けている。

 もっとも、経済統計に対する信頼性が揺らいでいるのは中国だけではない。日本では今年に入って、勤労統計の調査方法に関して不正が発覚している。アメリカでは以前から雇用統計や、実質値の正確性について疑問を呈する研究者がいる。

 私たちが知りたいのは、各国の経済規模やその動向についてであり、GDPが正確でなければ、ほかのデータで補完することもできよう。例えば、企業の売上高は、経済統計にみられるような複雑な計算とは無縁である。売上高の算出は税務の基礎となることもあり、企業ガバナンスがしっかりしている大企業に関して言えば、粉飾は難しい。こうした比較的信頼のおけるデータである売上高を使ってみても、中国の経済規模は十分大きく、また、全体として拡大しているようだ。

 アメリカ・フォーブス誌は7月22日、毎年恒例の「FORTUNE GLOBAL500」を発表した。これは直近ベースの売上高で世界の企業をランキングしたものであるが、これによると、上位500にランクされた企業数において、今回始めて中国企業がアメリカ企業を上回った。中国は129社で、アメリカの121社となっている。上位100以内を見ると、中国石油化工(2位)、中国石油天然ガス集団(4位)、国家電網(5位)、中国建築工程総公司(21位)をはじめ中国企業23社がランクされている。

 ちなみに、上位500に入っている日本企業は52社で、100位以内では、トヨタ自動車(10位)、三菱商事(33位)ホンダ(34位)、日本郵政(52位)、NTT(64位)など8社がランクされている。これをみると、一般的なイメージ以上に、日中の企業格差は広がっていることがわかる。

 また、上位500の中で韓国企業は16社に留まっている。100位以内では、サムスン電子(15位)、SKホールディングス(73位)、現代自動車(94位)の3社のみで、200位以内でもポスコ、LG電子、韓国電力の3社が加わるだけである。企業層の薄さがはっきりと表れている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。