マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

脱サラしてロックバーを開業した男性の「こんなはずじゃなかった」顛末

2019年8月22日 16:00 マネーポストWEB

「客が週末とコンサートがある日に固まってしまったのです。音楽を聞きながら飲むため、ゆっくり飲める週末にしようと思う方が多かったのです。平日は客がゼロの日もあるのに週末はパンパンで、満員で断るようなこともありました。コンサートがある日も同様です。初めて来たお客さんを断れば、もう2度と来てもらえません。ビジネス用語でいう機会損失が酷かったです」

 ここから先は、悪循環としか言いようのない事態が続く。まずは、無理をしたツケがやって来た。

「少しでも売り上げを上げるために定休日を無くし、営業時間も伸ばしたところ、体調を崩してしばらく店を閉めました。すると『潰れたらしい』『夜逃げしたらしい』と噂が立ってしまいました」

 さらに“招かれざる客”も次々とやって来た。

「新規のお客様だと思って愛想よく対応していたらJASRACだったこともありましたし、ビデオやDVDを流すためにテレビを置いていたので、NHKの受信料も取りに来ました。テレビの配線は繋いでいないので、番組は見られないのに……」

 そして決定打となったのが病気だ。これによってMさんは、「店か命か?」の選択を迫られることになる。

「呼吸器系の病気を患い、医者から絶対禁煙を命じられました。私はヘビースモーカーではなかったので、すぐにタバコを止めましたが、店内を禁煙にしたら、いよいよ客が来なくなりました。ロックバーのお客さんは喫煙率が非常に高く、“タバコが吸えないロックバーなんてあり得ない”と、これまで支えてくれていた常連客もついに離れてしまいました」

 そこから先はあっという間だった。もともと「儲からなくていい。食べていけるだけ稼げれば十分」というスタンスで始めた仕事だったが、気付けば借金はかなりの額になり、ついに閉店。今はバイト生活をしている。同業者の中には1年足らずで店を畳んだケースもあるそうで、かなり難しい仕事なのは間違いないよう。Mさんは後輩へのアドバイスとして、「私はさっぱりダメでしたが、英語は絶対に話せたほうが良いですね。来店したミュージシャンと会話が盛り上がれば、SNSに投稿してくれて、宣伝になりますから」と、語っている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。