マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

竹下内閣の3%の消費税導入時、当時は国民に内閣を倒す力あった

2019年8月27日 7:00 週刊ポスト

1989年、消費税創設時の竹下登首相(写真:時事通信フォト)
1989年、消費税創設時の竹下登首相(写真:時事通信フォト)

 国が新たな税制をつくり、あるいは増税する時には3つの原則がある。(1)取りやすいところから取る、(2)小さく生んで大きく育てる、(3)臨時増税なのに恒久化する──である。

 だが、国民から徴収された税金の本当の使い途は藪の中でわかりにくくされ、どこまでも辿っていくと、本来の目的から離れた“税金の残骸”というべき奇怪な遺物にたどりつく。

「あの税金は何に消えたか」──30年前に創設された消費税の行方を追跡した。

 国民は増税に“寛容”になった。「社会保障のため」「子孫に借金を残さないため」といわれれば、“やむを得ない”と増税を受け入れてしまう。今年10月からの消費税増税にあたって、安倍首相はこう説明した。

「消費税の使い道を、子育て世代への投資と社会保障の安定化とにバランスよく充当し、併せて財政再建も確実に実現する」

 平成元年(1989年)4月に消費税が創設されたとき、時の竹下登首相も、「高齢化への対応」と「財政再建」を掲げ、「国民に広く浅く、公平に負担していただく」と述べていた。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。