マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

増税前に「買ってはいけない家電」「買って得する家電」の見分け方

2019年9月1日 16:00

前回の増税前後の価格比較(洗濯機の場合)

前回の増税前後の価格比較(洗濯機の場合)

 10月1日、いよいよ消費税が8%から10%に引き上げられる。2%の差とはいえ、高額な家電を買うとなるとその差額は大きい。そのため、「増税前に駆け込むか」「増税後じっくり選ぶか」、大いに迷うところ。家電のベストな買い時を家電の達人に聞いた。

 今回の消費増税は税率が5%から8%になった2014年4月以来、およそ5年ぶりのこと。前回は、増税前に高額な商品を買おうという“駆け込み需要”に沸いた。そのため今回も同様に、増税前に買おうと焦る人が増えそうだが、「それは得策ではない」と指摘するのが、購買支援サイト「価格.com」を運営するカカクコムの鎌田剛さんだ。

 別掲の表にまとめたが、2014年の主な洗濯機のネット価格を増税前後で比較したデータだ。これによると、増税1か月前(3月1日)よりも増税前日(3月31日)の方が値上がりし、逆に増税後の4月末になると増税前よりも値下がりしていることがわかる。

「今回も増税後の消費の冷え込みを懸念し、増税後(10月1日以降)の値下がりが見込まれます。ですから、それ以前に焦って買う必要はありません。むしろ、来年2~3月の決算セールまで待った方がお得です」(鎌田さん)

 家電コーディネーターの戸井田園子さんも増税後の方がお買い得だという。

「2%の増税後に20万円の家電を買ったとしても、消費税分の差額は4000円。その程度なら値引き交渉やポイントで取り戻せます」(戸井田さん)

9月に新製品が出る家電の型落ち品を狙え

 ただし、増税前の9月に買うとお得な家電もあるという。アップル、ダイソン、バルミューダ、アイロボットなど価格変動が少ないといわれるブランド家電と、冷蔵庫やドラム式洗濯機など、9月に新製品が出る家電だ。

家電の新製品発売カレンダー

家電の新製品発売カレンダー

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。