マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢者の仕事探し 面接以前に書類審査で落とされてしまうカラクリ

2019年9月19日 16:00

シニアの再就職に立ちはだかる年齢制限という壁

シニアの再就職に立ちはだかる年齢制限という壁

 厚生労働省は8月23日、政府が「老後資産形成」のために加入を勧める個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入可能な期間(20~60歳)を65歳までに延長するなどの制度見直しを議論し始めた。

 iDeCoは掛け金が全額所得控除の対象となり、運用益は非課税で、税優遇が手厚いのが特徴だ。しかし、現在は60歳までしか加入できない。60~64歳の就業率が8割近く(2018年)となり、65歳以上も仕事を探す人が増加している今、現状の年齢制限に違和感を覚える人も少なくない。

 ただし、同じく個人向けの資産形成方法として注目されるつみたてNISA(少額投資非課税制度。最長20年間、運用益が非課税)には年齢による制限はない。

 投資・運用ではなく、働き続けることで老後の安定収入を確保できれば、それに越したことはないが、仕事探しにも“壁”が現われてくる。

 人材紹介会社CEAFOM社長で『定年前後の「やってはいけない」』(青春出版社)の著者・郡山史郎氏が語る。

「現在は売り手市場で求人は無数にあるが、50歳以上のものは非常に少なく、55歳以上になるとさらに減る。法律上、求人には年齢制限を記載してはいけないことになっているが、企業側は紹介会社に『当方の希望は~』などと年齢の条件を出してくるのが実情です。

 60代以上の方が不採用になるのは面接によるものではなく、年齢によって書類段階で落とされてしまう実態があります。紹介会社に頼るのではなく、知人の伝手を頼るなど、自ら再就職先を探す努力も必要です」

※週刊ポスト2019年9月20・27日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。