マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

100万円以上かかる“墓じまい”より1回5000円の代行という選択も

2019年9月29日 11:00

早急な墓じまいはトラブルのもとに
早急な墓じまいはトラブルのもとに

「墓じまい(改葬)」に社会的関心が集まるなか、墓石業者にも消費増税前の“駆け込み需要”が発生した。

「田舎にある手入れが行き届かない墓をなくして、都市部に新たな墓を建てるケースが多いが、業者の施工費や新しい墓石代などを合わせると総額100万円以上になるケースが珍しくなく、消費増税の影響は大きい。増税前の相談が急増した」(業界関係者)

 ただ、大きな出費となる墓じまいが必要かは、慎重に考えなくてはならない。

 別の選択肢として検討に値するのが「墓参代行」だ。墓石の清掃から草むしり、献花、合掌といった一連の行程を5000円~2万円ほどの料金で請け負う業者が出てきている。

 また、墓のある菩提寺に代行を頼めることもある。大阪・天王寺の銀龍山泰聖寺(柳谷観音大阪別院)の純空壮宏住職が語る。

「当院では以前から“遠方のためお墓の手入れが行き届かない”といった悩みを持つ方に、墓掃除、献花、読経を5000円ほどで代行しています。墓じまいをするより手間もお金もかからないということもあり、ご依頼は増えています」

 代行業者に任せるか、菩提寺に頼むか、費用の比較検討をしてもいい。その際は、業者への支払いは消費税がかかる一方、お寺の住職に頼む場合は宗教活動に伴う「喜捨金(お布施)」となり、消費税がかからないことも知っておきたい。

 どうしても墓じまいの必要に迫られたら、大手より中小の石材業者を探したい。来年6月までは、「5%のポイント還元対象」の店があり、増税前より安く買える。兵庫県の石材業者「お墓と終活のみかげ」の末吉智明社長はこういう。

「新規の墓石建立(墓石の購入)、墓石の修理・リフォーム、戒名・法名の追加彫刻、墓じまいの撤去工事などをクレジットカードで決済していただければ、10月からは5%のポイント還元対象になります」

 制度を熟知すれば、出費も抑えられるのだ。

※週刊ポスト2019年10月4日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。