マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

在職老齢年金の改正 年金減額を避けるための夫婦の働き方は

2019年10月30日 15:00

妻の働き方もポイントになる(イメージ)
妻の働き方もポイントになる(イメージ)

「在職老齢年金」制度が劇的に変わる。現在、働きながら「厚生年金」を受給する人は約368万人、そのうち3割にあたる124万人が年金を減額されている。政府は高齢世代の就労意欲を削がないために“多く稼いでも年金は減らさない”方向で制度を改正し、早ければ来年から実施する方針を打ち出した。

 現行の年金減額のルールは、「年金(厚生年金の報酬比例部分)+給料」の合計月収で決められる。

 65歳以上は合計月収47万円、65歳未満(60~64歳)は同28万円を超えると、超過分の半額にあたる年金額がカット(支給停止)される。ただし、カットされるのはサラリーマンが加入する厚生年金の報酬比例部分のみだ。

 厚労省が10月9日、政府の社会保障審議会年金部会に提出した見直しケースの中では、年金カットを行なう基準を「合計月収62万円」に引き上げる案が有力だという。

 在職老齢年金で年金カットされるかどうかの基準は、「世帯収入」ではなく、働いている夫や妻それぞれの収入で計算される。

 たとえば、現行制度では65歳以上の夫の月給が40万円、年金額が10万円(報酬比例部分)であれば、年金カットの基準額(合計月収47万円)を超えるために夫の毎月の年金額が1万5000円減らされる。

 それを防ぐには、夫婦の働き方を見直して“収入分割”する方法がある。夫の給料を年金カットされない35万円に抑え、妻が5万円稼いで補う。そうすれば世帯の給料収入は変わらなくても、年金は減額されずに全額もらえる。

 制度改正で在職老齢年金の基準額が62万円に引き上げられた場合も、夫の月給が高い世帯(月給52万円以上)にはこの「夫婦の収入分割」が有効だ。

 在職老齢年金で注意が必要なのが「妻が年下」の夫婦に支給される加給年金だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。