マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

自筆証書遺言と公正証書遺言 それぞれのメリット・デメリット

2019年11月5日 7:00

法務局管轄の公証役場は遺言の手続きを扱う

法務局管轄の公証役場は遺言の手続きを扱う

 遺産相続にあたり、遺言書が存在しない場合は、親の死後に遺産分割協議で揉めるなどのトラブルになりやすい。遺言書には、本人が書く「自筆証書遺言」と、公証役場の公証人が書く「公正証書遺言」がある。

 公正証書遺言は費用が5万円程度から、信託銀行を利用した場合などは100万円以上かかるため、自筆証書遺言のほうが手軽に作成できる。ただし、すべてを自力でやるとリスクが大きい。

「本文は法律に沿って自筆で書く必要があり、日付、署名、押印のひとつでも欠けると遺言書として認められません。内容も“誰に”“何を”渡すかを具体的に細かく記さないとトラブルのもとです。

 被相続人の想いを確実に伝えるために、遺言の内容をプロに確認してもらうといいでしょう」(司法書士の山口和仁氏)

 遺言書の文案作成は司法書士のほか、弁護士や行政書士が請け負う。費用はまちまちだが、司法書士で7万~15万円が目安となる。

 親の全財産を記した財産目録もスムーズな相続には不可欠だ。今年1月からワープロやパソコンでの作成が認められて手軽になったものの、全財産を適正に把握するのは簡単ではない。円満相続税理士法人代表で税理士の橘慶太氏がいう。

「財産目録には、預貯金や有価証券のほか、クレジットの借り入れなど“負の遺産”も漏れなく記入しなければなりません」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。