マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

冷凍食品は手抜きじゃない! 活用する人たちのリアルな声

2019年11月19日 15:00

種類豊富な冷凍商品が食卓に彩りを与えている(イメージ)

種類豊富な冷凍商品が食卓に彩りを与えている(イメージ)

 調査会社・マイボイスコムが、今年10月に冷凍食品の利用実態に関するアンケートを実施したところ、冷凍食品利用者は全体の8割強で、特に女性や高年齢層での比率が高い傾向だった。冷凍食品の愛好者はどのようなシーンで利用しているのか。実際の利用者たちの声を集めた。

お弁当に冷凍肉やカット野菜を重宝

 中学生と高校生という2人の子供を育てる30代の主婦・Aさんの家では、1か月の食費のうち、冷凍食品にかける費用は2割ほどだという。

「一番の魅力は『時短』。主に子供のお弁当用に、電子レンジで調理するものや、フライパンで焼くだけで済む商品を業務用スーパーでまとめ買いします。

 また、肉類やカット野菜なども重宝しています。割高に感じる時もありますが、時期によっては、生鮮売り場での価格より安いことも。以前は野菜を下ごしらえしてパックに小分けにするホームフリージングをしていたのですが、なかなかの手間ですし、いつ冷凍したのかもわからなくなってしまいがちでした。かぼちゃやブロッコリーなど、冷凍食材であればすでにカットされていて使う時も手軽ですし、自分で冷凍したものより美味しい(笑)。賞味期限もわかりやすく、助かっています」

基本外食でもコンビニの“冷食”を活用

 20代の会社員男性・Bさんは、独身で自炊をほとんどしない。外食が中心の食生活の中、週に数回はコンビニの冷凍食品に頼っている。

「スーパーだけでなく、コンビニでも冷凍食品が充実してきている印象があります。特によく食べているのは、餃子とチャーハン。チェーン店であれば、セットで800円かかりますが、冷凍だと400円前後で済ませられる。家から一切に出ずに、電子レンジ一つで調理できることがいいですね。おかずも美味しいので、スーパーの総菜を買うことが減りました」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。