マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

電力会社の見直しポイント 使い放題プランで年5万円節約の例も

2019年12月22日 7:00

地域別・お得な電力会社・プランを厳選
地域別・お得な電力会社・プランを厳選

 電気代がかかる冬がやってきた。こまめに電気を消したり、暖房の設定温度を調整する方法もあるが、一気に電気代を抑えられる方法がある。電力会社を変えてしまうことだ。

 2016年4月、電力の小売全面自由化がスタートした。当初は従来の電力会社である「大手電力」も、新規参入した「新電力」も手探りだったが、3年以上が経ち、消費者のニーズに合ったサービスやプランを充実させている。エネルギー自由化を推進するRAUL代表の江田健二さんが話す。

「全世帯で8割が電力会社を変えていないとされます。引っ越しや家の建て替えなどのチャンスがない限り、検討するきっかけがないことが原因だと思われます。たしかに、自由化以前は、各地域を独占する電力会社10社しかなく、北海道に住む人なら北海道電力、東京の人は東京電力など、選択の余地がありませんでした。

 しかし、新電力は基本的に、法律で定められた既存10社の電気代である『規制料金』よりも安くなることを大前提に電気代を設定しているので、乗り換えによって大幅に安くなる可能性が高いでしょう」

 4年以上前から電力会社を変えておらず、検針票の「従量電灯」の欄にA、B、Cのいずれかが書いてあれば、あなたの家の電気代は「規制料金」だ。電気をまったく使っていなくても電気代(基本料金)がかかり、そこに使った分(従量料金)が加算される。では、どのように見直せば電気代が安くなるだろうか。

「まずは、電力会社は同じでも、契約アンペア数(容量)を下げれば、電気代をカットできます。電化製品の省エネ化が進んでいる現代は、戸建ての4人家族でも30Aで充分な場合がほとんど。しかし、いまだに50Aで契約している世帯も多い。東京電力の場合、契約を10A落とすごとに毎月約280円も得します」(江田さん、以下「」内同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。