マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ユーザー2000万人、決済3億回突破 PayPay広報が語る成長の過程

2019年12月28日 11:00

使えるお店も急速に増えている『PayPay』
使えるお店も急速に増えている『PayPay』

 2019年は消費税増税による消費者還元事業もあり、「現金払い」から「スマホ決済」への乗り換えが浸透した1年だった。ブームを牽引した立役者『PayPay』ヒットの秘密を探った──。

 2018年10月、ソフトバンクとヤフーの出資で始まったスマホ決済アプリ『PayPay』。同年12月には100億円を利用者に還元する前代未聞のキャンペーンを行い、圧倒的なインパクトを与えた。PayPay広報室の伊東史博さんはこう話す。

「当初は4か月間の実施予定でしたが、還元上限額10万円の大盤振る舞いな内容がSNSで拡散され、たった10日間で還元総額100億円に達してしまいました。2か月後すぐに第2弾を実施。今度は上限金額を1000円に設けましたが、繰り返し使用ができ、利用者拡大につながりました」

 同じく広報室の根岸絵理さんは、「この後は身近なスーパーやドラッグストアで還元キャンペーンを行ったので、女性や高齢者のかたなど、日常の買い物で使ってくださるかたが増えたんです」と話す。

 さらに消費税の増税に伴う消費者還元事業の影響で、加入者は2019 年10月以降1日あたり10万人以上増加。11月には加入者数は2000万人を突破し、累計決済回数は3億回を超え、使用できる加盟店も170万か所以上に増加し、キャッシュレス決済は一気に社会に浸透した。現在も還元キャンペーンは盛りだくさんの『PayPay』が先導するかたちで、キャッシュレス時代がいよいよ幕を開けた。

※女性セブン2020年1月2・9日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。