マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

三井と三菱は銀行業で明暗分かれる 両グループの性格の違いも

2019年12月26日 7:00

三菱グループと三井グループを比較
三菱グループと三井グループを比較

 日本経済を牽引する三菱グループと三井グループ。三菱は「組織の三菱」と称され、中興の祖とされる岩崎小彌太が示した経営理念「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」は「三綱領」として今も引き継がれる。三井は「人の三井」と呼ばれ、チームより個人を重視する経営方針で成長した。

 三菱グループの会長・社長は毎月第二金曜日の正午に丸の内の三菱商事本社ビルに集い、三菱ブランドを高めるため親睦する社長会「金曜会」を開催する。三井グループは毎月第二木曜日に中核企業の社長が集まり、情報交換を行なう「二木会」を開催する。

「金曜会」は原則全員参加だが、「二木会」は個人の裁量に委ねられる。従来は三菱の「結束力」が目立ってきたが、最近は三井の「個の力」が本領を発揮している。

 最も顕著なのが、両グループの要である「銀行」だ。2019年3月期決算の連結業務純益で、三井住友フィナンシャルグループ(1兆1923億円)は三菱UFJフィナンシャル・グループ(1兆785億円)を抜いて、3メガバンク体制になって初の首位を獲得した。市場部門の業務純益も、三井住友は前年同期比2.1%増、三菱UFJは同26.0%減と明暗が分かれた。金融ジャーナリストの小泉深氏が指摘する。

「もともとの企業体質としては三菱UFJが慎重で、住友の文化に牽引されている三井住友が積極的です。景気の良い時期には積極的な姿勢の銀行の方が儲かるので、三井住友が三菱UFJを上回ったのはこのところの景気の上向きが大きな要因でしょう」

 三井住友の太田純社長は決算会見で「我々の強みは銀行、リース、証券、クレジットカードなど各業界でトップクラスの企業を有している点だ」と述べた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。