マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

三井と三菱は銀行業で明暗分かれる 両グループの性格の違いも

2019年12月26日 7:00 週刊ポスト

「確かにクレカなら三井住友はVISAやJCBがありますが、三菱UFJはニコスなので地味な印象がある。消費者金融も三井住友はアクティブなプロミスで、三菱UFJは慎重なアコム。こうした部分にも両グループの性格の違いが如実に出ています」(小泉氏)

 長引くマイナス金利やフィンテックの発展などで先行きが危ぶまれる銀行だが、三菱UFJが2023年度末までに全国の約500拠点を3分の2に削減する一方で、三井住友は本支店数を減らさず、リロケーションやデジタル化で対応する方針を打ち出し、両社の旗幟の違いが鮮明になった。

 他方で2019年9月からATMの相互利用を開始するなど、時代に合わせた「呉越同舟」ぶりもうかがえる。

※週刊ポスト2020年1月3・10日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。