マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

家事代行サービスの実情 利用者たちが語るメリットとコスパ感覚

2020年1月20日 16:00

家事代行サービスを利用するようになったきっかけは?(イメージ)
家事代行サービスを利用するようになったきっかけは?(イメージ)

 女性の社会進出や共働き世帯の増加に伴い、市場が拡大しているのが、炊事や洗濯、料理などを業者に委託する家事代行サービス。かつては高価で気軽に利用するにはハードルが高いイメージもあったが、月ごとの定期利用や、1時間数千円でスポット対応が可能な業者も増え、徐々に利用者も増えているようだ。また共働き家庭だけでなく、単身の男性や若年層の利用も増えているという。そんな家事代行サービスの利用者に、実情を聞いた。

 30代男性・Aさんは、夫婦ともに都内で正社員として勤務する共働き家庭。一昨年、子供が生まれたことをきっかけに家事代行サービスを利用するようになった。月に2回のペースで水回りの掃除や片付け、衣類の手入れなどを依頼。月の料金は計5時間で2万円ほどになるという。

「家事や育児は、夫婦で分担してやっている自負はあります。でも、たまに息抜きをするのも大事かなと考え、隔週土曜日に家事代行スタッフを呼ぶようになりました」(Aさん)

 担当スタッフは、平日は専業主婦をしている40代の女性。自宅の鍵を預けるほど、信頼関係が構築出来ている。特に力を入れてほしい箇所は事前にメモを残し、依頼するようにしている。

「長らく主婦をしている、技能ある方に家事をしてもらった方が圧倒的に早く済むし、家族の時間も捻出しやすくなる。決して安くはない料金ですが、その価値は十分にあると思います」(Aさん)

 広告代理店に勤務する30代の男性会社員・Bさんは、週に一度のペースで家事代行を利用している。炊事と洗濯を除く、全ての家事を外注している。月々の料金は2万円。Aさん同様、「高い」と感じたことはないと言う。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。