マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

金沢カレーで全国展開する「ゴーゴーカレー」のボリューム感

2020年1月29日 15:00

ゴーゴーカレーの『ロースカツカレー』(中盛)
ゴーゴーカレーの『ロースカツカレー』(中盛)

 日本全国で愛されるカレー。なかでも独自の進化を遂げているのが石川県金沢市の「金沢カレー」だ。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏は、こう説明する。

「金沢カレーは、黒くて濃厚なルーにキャベツの千切りが添えられているカレーです。トッピングとしてとんかつがのせられており、さらにそのとんかつにはソースが掛かっています。ステンレス製の皿に盛られ、フォークか先割れスプーンで食べるのが一般的です。元々は金沢市の『カレーのチャンピオン』で考案されたと言われています」

 その金沢カレーを全国でチェーン展開しているのが、「ゴーゴーカレー」だ。

「『ゴーゴーカレー』は、金沢カレーをいち早く全国で展開したチェーン。2008年に東京新宿に1号店を出してから、関東と中部地方を中心に、近畿、中国、九州にも出店、現在は70店舗以上が営業中。アメリカとブラジルにも出店しています」(小浦氏)

 ゴーゴーカレーの愛好者である男性会社員・Aさん(40代)は、その濃厚な味わいがクセになってしまうという。

「ルー自体がものすごく濃厚で、とろみが強く、ごはんと合わせると、絶妙な食感になるんですよね。なんとも言えない食べごたえがあって、大好きです。さらにマヨネーズをたっぷりかけたキャベツの千切りと合わせて食べても、新たな食感が生まれます。キャベツがお替り自由というのもうれしいです」

 Aさんがいつも注文するのは、定番の「ロースカツカレー」。サイズは中盛だという。ちなみに、ゴーゴーカレー新宿総本店での税込み価格は800円(以下すべて、新宿総本店での税込み価格)だ。

「カツカレーの方がボリューム感はあるのですが、カロリーを気にしていつもロースカツカレーを選んでいます。ゴーゴーカレーのロースカツは薄切りになっていて食べやすい。実際はカロリーも結構なものではあると思うのですが、食べやすい分“カロリー過多”になっているという感覚が薄れるんです(笑)」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。