マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

松屋で定番化の『創業ビーフカレー』、今までのカレーと何が違う?

2019年12月15日 15:00

松屋の『創業ビーフカレー』
松屋の『創業ビーフカレー』

 牛丼チェーンの松屋は11月27日夜、公式ツイッターで人気商品の『オリジナルカレー』を12月1日から販売を順次終了すると突如発表。そして、翌28日には『オリジナルカレー』を終売する代わりに12月3日から『創業ビーフカレー』を新たなレギュラーメニューとすることを発表し、SNSで大きな話題になった。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「『オリジナルカレー』の販売終了は予想もしていなかったので、本当に驚きました。ツイッターで公表された翌日に近所の松屋に行ったのですが、まさかの売り切れ。仕方ないので、電車で隣の駅まで行って、やっと食べることができました。今回のツイッターでの突然の終売告知は、バイラルマーケティングとして成功したと言えるでしょうね」

『創業ビーフカレー』と『オリジナルカレー』の違いは?

松屋の『オリジナルカレー』
松屋の『オリジナルカレー』

『創業ビーフカレー』は、松屋創業当時に出されていたカレーを再現したというもので、牛バラ肉をトロトロに煮込んだカレーとなっている。価格は、『オリジナルカレー』の390円より100円高い490円だ。

「『オリジナルカレー』はスパイスに特徴がある味。特に辛さの部分が尖って感じられる、珍しいタイプのカレーでした。一方、『創業ビーフカレー』は一部のスパイスが突出するような味ではなく、甘みと辛さ、旨味が調和されているバランスがいいカレー。“オリジナルカレー”のような個性的なカレーではないものの、カレーとしての完成度はかなり高い印象です」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。