マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コンビニ「牛丼」はチェーン店とは別物? セブンとローソンで実食比較

2019年10月6日 15:00

セブン-イレブン『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』(左)、ローソン『コク旨醤油仕立て!牛丼』(右)

セブン-イレブン『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』(左)、ローソン『コク旨醤油仕立て!牛丼』(右)

 牛丼といえば、吉野家、松屋、すき家などといった有名専門チェーンで食べるもの……と考えている人も少なくないだろう。しかし、コンビニエンスストアでも牛丼は販売されている。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう話す。

「コンビニの“丼もの”のお弁当メニューは季節によってラインナップが変わるんですが、そのなかで定番となっているのがカツ丼。あとは親子丼なども販売される頻度が高いです。一方の牛丼は、1年通してどこのコンビニでも販売されているわけではなく、カツ丼や親子丼に次いで、3番手くらいのポジション。やはり“牛丼といえばチェーン店”というイメージが強いということも影響しているのでしょう。しかし、コンビニの牛丼にはチェーン店の牛丼にはない魅力もあります」

 そこで、コンビニの牛丼弁当をマネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが実食リポート。今回は2019年9月29日現在、公式サイト上で牛丼が商品として掲載されているセブン-イレブンとローソンで比較する。

甘くて濃厚なセブン-イレブンの牛丼

セブン-イレブン『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』

セブン-イレブン『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』

 セブン-イレブンで販売されているのは『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』(税別398円)だ。まず、特徴的なのが、具の部分とご飯の部分がセパレートで盛りつけされている点。電子レンジで温めてから、具を白いご飯に乗せて食べるスタイルとなっている。

「お肉は薄切りで、とても柔らかいです。たまねぎもクッタクタに柔らかくなっています。そして、なによりインパクトが強いのが、甘くて濃いタレの味。口に入れた瞬間にジュワッと濃厚でパワフルな味が広がります。牛丼チェーンの牛丼とはまったく異なるイメージです」(記者A・以下同)

 全体的につゆは多めだという。

「ノーマルな状態で“つゆだく”といった感じですね。ご飯もちょっと柔らかめなのか、食べ進めていった最後のほうは、おじやのような状態になりました。お箸でかき込むというよりも、スプーンですくったほうが食べやすいかもしれません。また“具の大盛り”というだけあって、たしかにボリューム感はバッチリ。味の濃さも相まって、食べごたえは十分だと思います」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。