マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ「牛丼」はチェーン店とは別物? セブンとローソンで実食比較

2019年10月6日 15:00

一体感バツグンなローソンの牛丼

ローソン『コク旨醤油仕立て!牛丼』
ローソン『コク旨醤油仕立て!牛丼』

 ローソンでは『コク旨醤油仕立て!牛丼』(税別398円)が販売されている。こちらはセブン-イレブンの牛丼とは違い、直盛り。電子レンジで温めてそのまま食べるスタイルだ。

「チェーン店の牛丼に比べると、お肉はかなり細かくカットされています。お肉だけを先に食べてしまうというようなこともなく、最初から最後まで、お肉とご飯をバランスよく食べることができます」

“つゆだく”度でいうと、セブン-イレブンに比べて控えめになっているようだ。

「直盛りなので、ご飯につゆが染みてシャバシャバになりそうなものですが、意外とそんなことはなく、牛丼チェーンで食べる普通の牛丼に近いスタイルです。ナチュラルにつゆだくといった感じでもありません。

 また、タレの味については、セブン-イレブンの牛丼は甘くて濃厚な点が特徴的ですが、ローソンの方は旨味が強いイメージ。肉の大きさやつゆの量、そして味の濃さも含めて、一体感があります。まあまあボリュームはあるんですが、そんな一体感のおかげもあってか、一気に食べ終わってしまいました」

 カロリーの方は、セブン-イレブンの『熟成肉の特製牛丼 具の大盛』が640kcal、ローソンの『コク旨醤油仕立て!牛丼』は567kcal。ちなみに吉野家の牛丼並盛は652kcal、松屋のプレミアム牛めし並盛は711kcal、すき家の牛丼並盛は733kcalとなっている。

「単純にカロリーだけを見ると、牛丼チェーンの方が高めですが、食べた感覚での“ガッツリ感”は、味が濃い分だけコンビニ牛丼の方が強かった気がします。価格的にはチェーン店の牛丼の方が安めですが、カロリーを抑えられるという点はコンビニ牛丼のメリットかもしれません」

 チェーン店とは一味違うコンビニの牛丼。その魅力を探求するのも面白いかも?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。