マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

YouTubeが生活の一部になった人たち 暮らしに役立つ情報収集も

2020年2月11日 15:00

YouTubeが生活の一部になった人も少なくないという(Getty Images)
YouTubeが生活の一部になった人も少なくないという(Getty Images)

 すっかり生活に定着したと言っても過言ではない「YouTube」。HIKAKINやはじめしゃちょーのようなYouTube発の動画クリエイター「ユーチューバー」が出演するような、若年層向けの動画で知られていたが、最近ではテレビに出演する有名人やスポーツ選手が続々と参入。視聴者層も拡大し、配信される番組や楽しみ方も変化しつつある。

テレビにはない身近さ

 20代の男性会社員・Aさんは、休日には1日に2~3本のペースで、YouTubeを視聴している。観ることが多いのは、お笑いコンビやトリオによる動画作品。漫才の他、トークやチャレンジ企画などの多様なコンテンツが頻繁に更新されており、1作品の視聴回数は100万回に到達していることも多い。Aさんは、YouTubeが自身の「テレビの代わり」を担うようになったと感じている。

「YouTubeは時間を選ばずに、自分のペースで観られることが魅力です。芸人たちも同世代。面白い友人が配信しているような身近さが、ちょうど良いですね。まるで飲み会での面白い会話が流れてくるかのように、動画を楽しんでいます」(Aさん)

 テレビにはない「身近さ」が、YouTube配信での強みだとAさんは考えている。

「TwitterやInstagramをきっかけに、一般人が発信する内容に触れている時間が増えてきた影響で、身近なコンテンツをより面白く感じるようになりました。テレビの情報の届け方は、あくまでもテレビの文法。そのためか、テレビ的な笑いに違和感をおぼえ、ますますYouTubeを観るようになっています」(Aさん)

コスメやファッションだけでなく、生活スタイルの参考に

 YouTubeの動画を参考にし、日常に取り入れているのは30代の女性会社員・Bさん。クリエイターやインフルエンサーが、自身のファッションや美容や生活習慣を紹介する動画を、隙間時間に視聴することが多い。

「女性誌で紹介されるような新作ファッションやコスメに関する情報を、YouTubeの動画で得るようになりました。購入を迷っている商品も、良い面や悪い面も含めて率直なレビューで紹介をしてくれるので、参考になります」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。