マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

朝から晩までパチンコを打っている人たちが直面する体調問題

2020年2月24日 16:00

一日中パチンコ・パチスロを打つことの身体的負担は大きい(イメージ)
一日中パチンコ・パチスロを打つことの身体的負担は大きい(イメージ)

 早朝のパチンコ店の前でよく見かける開店を待つ人々の行列。そんな熱心なパチンコファン、パチスロファンたちの中には、閉店までぶっ続けで打っている人も少なくないという。

 パチンコ・パチスロ事情に詳しいフリーライター・藤井夏樹氏はこう話す。

「開店から打っている人は、パチンコ・パチスロに対する情熱も強い。セミプロのようなタイプもいれば、できるだけ長い時間打っていたいということで、朝から晩までパチンコ店で過ごすという人もいます。とはいえ、朝イチから閉店まで打ち続けるのはなかなか大変ですけどね」

 かつてパチンコ専門誌やパチスロ専門誌で、実戦記事を担当したこともある藤井氏。当時はデータを取るために、開店から閉店まで打ち続けることも頻繁にあったという。

「私の場合、雑誌記事のためという名目ではあったものの、基本的に自腹を切って丸一日打っていました。開店は朝10時ですが、入店順を決めるための抽選が9時30分からなので、いつも9時15分くらいに店に行っていました。そこから夜の10時半くらいまで、そのお店でずっと過ごします。

 データを取るという目的もあるので、あまり休憩することはありませんでした。基本的には昼食も摂りません。開店前にコンビニで買ったおにぎりを2個食べたら、そのまま夜まで打ちます。途中、自動販売機でエナジードリンクを買って飲むことはありましたが、体をほとんど動かしていないということもあるのか、何も食べなくてもまったくお腹は空きませんでした」(藤井氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。