マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

1着500円で十分? 古着ユーザーの「安く買って長く着る」節約生活

2020年3月1日 13:00

失敗しない古着選びのポイントは?(イメージ)
失敗しない古着選びのポイントは?(イメージ)

 衣服を安く入手するために古着店やリサイクルショップを活用する人も多い。30代の女性会社員・Aさんも、そんな古着ユーザーの1人。夫と2人で都内のマンションに住んでいる。

「20代の頃はお金を貯めてはブランド物の新作を買っていたこともありましたが、ライフスタイルがどんどんミニマルになってきて、いつしか洋服にほとんどお金を使わないようになってきました。夫はいろいろ新しい洋服を買っていますが、私はもっぱら街の古着店やネットの古着ショップで購入しています」(Aさん、以下同)

 Aさんの古着購入のコツは、とにかく「失敗しないように心がける」ということだという。

「基本的に安く済ませるということが重要で、なおかつ“失敗しない”ということにも気を遣っています。だから、極力冒険もしないし、コーディネートが難しそうなアイテムも選ばない。色は白、黒、グレー、ベージュなどベーシックな色が基本で、無地のものを買います。また、得てしてそういうシンプルなもののほうが安いというメリットもあります」

 Aさんは、1着にかけるお金の上限を1000円に設定している。実際には500円以下で買うことがほとんどだ。

「シャツ類やパンツ類は500円以下。コートなどは1000円程度のこともあります。もちろん、安ければ安い方が好ましい。でも、状態はしっかりチェックします。買ったはいいけど全然着ないというのが、いちばんの損ですからね。だから、デザイン的にすごくいいけど、ちょっとほつれている、といったものは絶対に買いません。襟元がちょっとよれているものも買わない。サイズがちょっとでも合わなければ買わない。絶対に妥協はしません!」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。