マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢者こそコンビニを活用すべき時代 食をつなぐ重要拠点に進化

2020年3月3日 16:00

高齢者にとってコンビニは新たな生活拠点に(イメージ)
高齢者にとってコンビニは新たな生活拠点に(イメージ)

 全国に5万5000店余り、スーパーの2万2000店の倍を行くコンビニエンスストアは、いまや高齢者の食をつなぐ重要拠点であり、心のオアシスでもある。

「高齢者こそどんどん利用して、進化の一翼を担ってほしい」と言うのは、長年コンビニの店長などを経験し、流通アナリストとして活躍する現在も、月1回は大手各社コンビニのレジに立つという渡辺広明さん。

 渡辺さんは、ローソンで店長、スーパーバイザー、バイヤーとして22年間勤務後、化粧品会社などを経て、現在は(株)やらまいか~マーケティング代表を務めている。そんな渡辺さんにコンビニの最新情報と活用術を聞いた。

コンビニ食、おいしくて健康的なのが当たり前に

「いま、コンビニの食品は間違いなく“おいしく”、しかも“合理的で安く”なっています。“コンビニ弁当が不健康”というイメージもいまは昔。いまもそう信じる昭和生まれの人は、認識を変えるべきですね(笑い)」と言う渡辺さん。

 昨年の消費増税に伴う軽減税率制度は、昨今の中食ブームに拍車をかけたという。

「外食店でもテイクアウトや宅配の導入が進み、いまや“中食戦争”ともいわれています。コンビニは生活者にとっていちばん身近な店。当然のことながらコンビニ業界も、おいしさや安全にこだわり、しのぎを削っています」

 セブン-イレブンの『カラダへの想いこの手から』シリーズは、1日に必要な野菜の2分の1以上、またはレタス1個、おにぎりや弁当、スープ、鍋、総菜をラインアップ。

 ファミリーマートの『お母さん食堂』シリーズは懐かしく温かい家庭料理の味わいを冷凍食品や総菜で再現。

 ローソンの『まちかど厨房』シリーズは店内調理にこだわった弁当やサンドイッチで、売り上げを伸ばしている。

「これら以外も、オリジナル商品全般に味や品質が向上し、有名レストランなどとのコラボ企画なども目を引きます。タピオカや雑穀米など、食の流行りはすぐに商品に反映されるし、逆にバスチー(バスク風チーズケーキ)のようにコンビニ商品からブームが加速することもあります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。