マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

85才認知症母の消え入りそうな“女心”を支えるコンビニコスメ

2020年3月8日 11:00

どうして認知症の母の部屋に新品のコスメが?(イメージ)
どうして認知症の母の部屋に新品のコスメが?(イメージ)

 父が急死したことで、認知症を患う母(85才)を支える立場となった女性セブンのN記者(55才・女性)による、母の介護体験記。化粧への関心を無くしつつある母の部屋に新しいコスメを発見して驚いたエピソードを紹介する。

 * * *
 化粧に関心がなくなりつつある母だが、時々、思い出したように口紅を塗っては「毎日の身だしなみよ」と言う。ある日、母の部屋に見慣れない新品のコスメを発見。もう駅前の化粧品店までは行けないはずなのに…と、あらぬ想像が駆け巡った。

 サ高住(サービス付き高齢者住宅)に転居してきたばかりの5年半前には、母はほぼ毎日化粧をしていたが、近頃はほとんどノーメイクでいることが多くなった。娘の目には老人風情が際立ってちょっと寂しい。たぶん認知症がジワリジワリと進み、化粧の習慣を忘れつつあるのだろう。

「今日はお化粧しないの?」と聞くと「毎日しているのに忘れちゃったわ。最近ボケたみたい(笑い)」と取り繕う。

 でもたまに、思い出したように口紅をつけることもあり、ちょっとうれしい。こんな小さな一喜一憂の繰り返しだ。

 そんなある日、母の部屋のテーブルに見慣れぬものを見つけた。唯一の楽しみの新聞や本が積まれた中に、新品のマニキュアとアイシャドウ。しかも、バリバリに違和感を醸し出している。明らかにそれが若い子向けのキラキラパッケージだからだ。

「え? これどうしたの?」 「ん? どうしたんだろう」

 会話は穏やかだったが、私の心には嵐が吹き始めていた。

 化粧水やクリームは、ほかの日用雑貨と一緒に私が買って来るのだが、メイク用品はもうしばらく買っていない。母が昔、買っていたような化粧品店は駅前にしかなく、今はもうひとりで行けないはず。(では、これらはどこで?)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。