マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

がん保険 主治医が書く診断書によって保障が左右される

2020年3月10日 7:00 週刊ポスト

がん保険で給付金が出るかどうかの分水嶺は(イメージ)
がん保険で給付金が出るかどうかの分水嶺は(イメージ)

 日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。“もしも”に備えて「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、加入しただけで安心してはいけない。

 主治医が書く診断書の内容によって、保障が受けられるかが左右されるケースもあるのだ。

 卵巣がんになった40代女性は、抗がん剤治療の開始前に「抗がん剤の副作用もあるから、口内炎の予防として歯医者の受診を」と医師から勧められた。がん治療の一環だと思って、パートを休んで治療に通ったが、保険会社から「通院給付金は出ない」といわれた。

 一方、60代男性が胃がんから胃穿孔を患い、20日以上の入院となったケースでは、本人は相当の自己負担を覚悟したが、主治医が診断書で胃がんとの因果関係を記載したところ、がん保険から日額1万5000円の入院給付金が出たという。がんライフアドバイザー協会代表理事の川崎由華氏が指摘する。

「がん保険はがんの治療しか適用されないと思いがちですが、がんとの因果関係によって保障されるかが決まってきます。医師の診断書に、因果関係を明記してもらって証明することが重要になります」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。