マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

松屋「超粗挽き」牛ハンバーグ定食を実食、「790円」は高いか安いか

2020年3月8日 15:00 マネーポストWEB

 大手牛丼チェーン「松屋」の新メニュー『“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキ定食』が2月25日から販売されており、ネット上を中心に「美味しい」という声が多数あがっている。ビーフ100%、200gのボリュームのハンバーグ定食の食べごたえやお得感はいかに。マネーポストの庶民派グルメ担当記者Aが実食し、その魅力に迫った。

ハンバーグの下にはポテトサラダ

松屋の『“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキ定食』、ライスは大盛り
松屋の『“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキ定食』、ライスは大盛り

 Aが実食したのは、トッピング無しのプレーンな『“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキ定食』(790円、税込み)。期間限定でライス大盛り無料キャンペーン中だったので、ライスは大盛りで注文した。

 食券を買って、席で待っていると程なくして、料理が登場。分厚いハンバーグは表面が少々焦げているくらいの焼き加減だ。デミグラス系のソースはたっぷりで、ほとんどスープに近い状態。ソースにはマッシュルームとたまねぎが具として入っており、ハンバーグの下にはポテトサラダが敷いてある。

“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキをスプーンでカット
“超粗挽き”ビーフハンバーグステーキをスプーンでカット

「パっと見た感じ、かなり分厚くてボリューム感があります。スプーンでハンバーグを割ってみると、中までしっかり火が通っているのがわかります。また同時に、肉汁がじゅわっと出てきます。これまでの松屋のハンバーグとは違うのが、一瞬でわかります」(記者A・以下同)

“超粗挽き”と銘打っているだけあって、パテの“粗挽き感”は強い。

「食感はかなりゴロッとしていて、肉を食べているという感覚も強い。粗挽きということで、牛肉の筋のようなものを感じる部分もあります。このあたりは好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、牛肉っぽさを強く感じたい人にとっては、嬉しいポイントでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。