マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

携帯ショップ店員が明かす「学割キャンペーン」の裏事情

2020年3月11日 15:00

契約獲得に苦心する「学割キャンペーン」の実態は(イメージ)
契約獲得に苦心する「学割キャンペーン」の実態は(イメージ)

 春は携帯・スマホ業界にとって最大の商戦期。4月に新年度を迎える日本では、進級や進学、就職を機に「携帯デビュー」する学生が多いことから、携帯キャリアはあの手この手を使って、新規契約を促すキャンペーンを実施する。

 大手通信キャリアで携帯ショップの統括をするA氏は、「1月から3月までの3か月間は、携帯ショップにとって1年間の売り上げの半分を占めるといってもいいかき入れ時。1年間で最も新規契約を見込める時期を牽引するのが、『学割キャンペーン』です」と話す。

学生の8割が両親と同じ携帯キャリアを選ぶが…

 携帯キャリアが学割キャンペーンを重要視するのは、新規の契約が多数獲得出来る時期だから。スマートフォンの保有率が年々鈍化して、新規ユーザーの取り込みが難しくなっている中、学生は格好のターゲットとなっている。

「他キャリアから家族まるごと乗り換えて欲しいのが本音ですが、学生の約8割が、両親と同じ携帯キャリアを選びます。それでも、子どもに契約してもらえれば、親の契約も事実上2年間拘束出来るので、携帯ショップは契約の獲得に躍起になるのです」(A氏、以下「」内同)

 巨額の出稿費を支払ってテレビCMに投資するのはもちろんのこと、店舗も学割キャンペーン一色になるのが毎年の風物詩だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。