マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

FOMA終了決定でガラケーユーザーたちが感じる「潮時」

2019年11月8日 16:00

いよいよ終わりの時が近づいてきたガラケー

いよいよ終わりの時が近づいてきたガラケー

 NTTドコモは、第3世代(3G)通信方式の「FOMA」と「iモード」を2026年3月31日でサービス終了とすることを発表した。第4世代(4G)通信方式が広く普及し、スマートフォンが主流になっている現在、さらに今後は5Gの導入が近づいており、通話やメール、簡単なネット接続をメインとしたいわゆる“ガラケー”は、いよいよ終焉を迎えようとしている。

 泣いても笑っても、今のFOMAは2026年4月以降使えなくなってしまうわけだが、NTTドコモのみならず、すべてのキャリアのガラケーユーザーたちは、すでに“終わりの時”を感じ始めているようだ。

 会社員Aさん(40代、男性)は大学生のころからずっと携帯電話を使用し続けている。現在はノートパソコンのほかタブレット端末も持ち歩き、複数のガジェット機器を駆使しているが、通話に使うのは今でもずっとガラケーだという。

「仕事柄、外でネットを使わなければならないことも多くて、ノートパソコンとタブレットを常に持ち歩き、モバイルWi-Fiでネットに接続しています。スマホは使う機会がなく、通話はずっとガラケーのまま。でも、最近はガラケーを持っていると、いろんなところでイジられる(笑)。いろんなガジェット機器をあまり使わない人ならいざしらず、めちゃくちゃ使ってるのに、電話はガラケーなの!?って。料金も安いからガラケーは助かると思っていたんですが、仕事上でSNSでのやりとりが増えてきたことを考えても、そろそろスマホに替えるタイミングなのかなって思いますね」

 フリーの雑誌編集者・Bさん(30代、女性)は、ガラケーとスマホの2台持ちだが、ガラケーを使う機会はかなり減っている。

「元々、ガラケーは通話用、スマホはネットやSNS用という形で2台持ちにしていたんです。でも、気がついたら通話もLINEですることが増えているし、テキストの連絡もLINEがメインで、ガラケーの方にSMSが届くこともほとんどない。正直ガラケーを使うのは1か月で2~3回くらい。さすがにもうガラケーは要らないかなと思っています」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。